アルコのブログ

アルコブログ TOP > SEO対策でビッグキーワード集客を成功させる方法③~Googleアルゴリズム研究~

2012.07.30 


SEO対策でビッグキーワード集客を成功させる方法③~Googleアルゴリズム研究~

今回の記事のスライド配布は行いません

前回の記事はこちらから

こんにちは。黒須敏行です。

ブログの反響で一番嬉しいものはこの記事を読んでもう一度基本から立ち返って施策に取り組もうと思ったというものがあり、思わずグッと来ました。back to basicでありつつ、必要に応じてルールを破るというスタンスは確かに大事ですよね。

今回でビッグワード対策に関しての話はひとまず最後です。
前回までのおさらいとしては、検索エンジンが返す情報≠ユーザーが好む情報を理解することが重要という話でした。
そして検索エンジンが好むサイトを作った際の反響率の低さをいかに高めるかが重要な課題です。

今回はどうやってその課題をクリアしていくかということを話します。

結論からお話すると方法は2点あります。

1点目はランキング対策をしたいページに記載をする
2点目は別ディレクトリにコンテンツを設置させて、ランキング対策をしたいページにリンクを飛ばす

この2点です。 

こちらのランディングページを見てください。

一見すると普通のランディングページですが、下にスクロールするとキーワードを定義するようなコンテンツが表示されます。

アルバイトを探す方にとって重要なことは、どんな案件があるどうかで、そもそもどういった職種かどうかやその職種に向いている人物像やスキルなどの情報を探していることは多くないでしょう。そのためこういった文章自体を読み込むユーザーはあまり多くはないと思います。なぜこういったテキストが入っているかというと、検索エンジンが好む情報だからです。

ただこういった情報を多く掲載させてしまうと見目が悪くなり、ユーザー体験を損ねるリスクがあります。それらを回避する方法としてはそういった情報を見たいユーザーに対してだけ表示させるという方法もあります。

通常は見出しの文章が表示されるだけですが、『もっと見る』というボタンを押すことで検索エンジン受けする記事が表示されるようになります。検索エンジンに表示させるコンテンツとユーザーに表示させるコンテンツを切り分けてSEO対策することをクローキングと呼び、検索エンジンを欺く行為として罰せられるケースがあります。罰せられるというのは具体的には流入数が減ったり、検索にひっかからなくなることなどがあります。ただ、これは全ての情報を切り分けてるわけではなく、情報を見たいユーザーが見れる環境になっているためクローキングには当たらないでしょう。

そのため反響率を高める方法としてはかなりセンスの良い方法だと思います。

またもうひとつの方法の別ディレクトリに設置をさせるというのも有効な手段です。
珈琲メーカーについての選び方というコンテンツを別ディレクトリを切って設けており、ランキング対策をさせたいページにリンクさせることで集客をさせたいページの評価を高めています。

 ちなみにシンバスは上記2つの方法を使ってランキング対策を成功させています。

シンバスの対策方法

まとめると以下の2つの観点が重要です。
・検索エンジンが好むコンテンツを配下に設置させて、対策ページにリンク
・対策ページに直接設置させ、見せ方を工夫

今回の研究記事はビッグワード対策を成功させる方法というタイトルにしましたが、本当に大事なのはビッグワードを成功させることではありません。

ビッグワード対策というのは成功することに越したことはないですが、非常に難易度が高く労に見合わないケースも多いと考えています。むしろ大事なことは検索エンジンが好む情報とユーザーが欲しがる情報、ユーザーに見せたい情報は異なるということを理解し、集客できるワードを1つずつ獲得していくことです。

おそらくこの記事を読んだ方はこれまでと違った視点で集客数向上の施策に臨めるのではないかと思っています。

ビッグワード対策の研究記事はこれで最後です。
次回の研究記事更新は8月10日前後を予定しています。

 

集客改善、コンバージョン率改善などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのご相談窓口はこちら 03-5428-3177

この記事の著者

黒須敏行

コンサルタント

女性向けポータルサービスのPVを30万から150万へ改善、リサイクル会社の新規事業の年商を新たに2億創出、賃貸オフィス仲介会社の反響数3倍改善などの実績があります。検索流入数とコンバージョン率の改善が得意です。

定期購読

  • RSSを登録する
  • feedly

最新記事

人気の記事

カテゴリ

▲ページの先頭に戻る